暑い夏に着る夏物の着物はどのようなものがあるの?

夏のイメージ

気温も湿度も高くなる日本の夏、通常の着物では暑くて着用するのは難しくなってきます。
できるだけ涼しい着物に夏場は選びたいところですよね。

しかし夏場の着物はどんなものがあるでしょうか?
現代では普段着物を着ることも少なくなり着物の種類を知る人も少なくなりました。

今回は夏に着る着物について解説しましょう。

夏に着る着物の種類と時期

夏の着物

夏の着物は大きく分けて2種類、単衣・薄単衣があります。
薄単衣はさらに複数種類にわけられ種類が多岐にわたります。

それぞれ明確に昔から着用する時期が決められていますが当時に比べて気候の変化が大きく、特に夏の気温が高くになり暑い時期が長くなりました。

このため決められているルールに比べ実際には着る時期が早くなりやめる時期も遅くなっています。

ルール上では10月~5月31日の間は袷着物を着用し、6月及び9月には単衣、7月と8月の一番暑い時期には薄単衣を着用することになっています。

しかし現代においては袷着物は4月末まで、単衣は5月頭から着用し薄着物も6月中盤には着用するようになっています。

単衣とは

単衣は一番暑い時期を挟む前後の季節に着用する着物です。
6月からの着用が望ましいですが、現在の気候では5月の段階から着用する場合も多くなっています。

布地は絽縮緬、絽紬、夏結城、夏大島、木綿といったあ手触りがさらりとしたものを使用したものでできています。

袷の着物と違い単衣には裏地がありません。
そのため袷と違い、とても涼しい点が特徴です。

ルール上は6月、9月に着用するものとなっていますが、フォーマルな場所でなければ気候に合わせ、好きに着用されても問題ありません。

薄単衣とは

単衣と同じく裏地のない着物ですが薄単衣は単衣に比べかなり薄い生地で出来ています。
袖に手を差し込んでみて手が透けて見えるのが薄単衣で、単衣との見分けるポイントです。

着物の下に着用する長襦袢が透けて見えるので長襦袢を含めた期合わせを楽しめ、見た目が涼しげで一番暑い季節に最適な着物です。

ちゃんとした長襦袢を選ばないとみっともない外見になるので着物以上に長襦袢選びには注意したいところです。

じめっとした梅雨の季節中盤より夏の最も暑い時期、8月の終わりまで着るのが普通ですが現代の気候の事情で9月も着用することが多くなってきています。

薄単衣の種類

薄単衣の薄い生地には種類がいくつかあり、一般的なものは上布、紗、絽が挙げられます。

紗とは絡み織とよばれる織物のひとつで、横糸1本に対して2本の縦糸を交差させて織る織物です。
もじり降とも呼ばれます。

折り目に隙間があるため、とても涼しいタイプです。

上布は麻織着尺地とよばれる生地のことを指します。上等な布という意味を持ちます。
幅や丈は通常の着尺地と同様ですが、細い糸を使用しており密度を高く織り上げています。

越後や宮古島、能登などの産地に名前が由来しており越後上布、宮古島上布、能登上布と呼ばれています。

絽は絹織物の一種でさらに搦み織の一種、そして盛夏用の染め物生地の一種でもあります。

紗は搦み織のみで織られていますが、絽は平織を交えて織っている点が特徴です。

着付けの注意点

薄単衣は涼しいのですが文字通り生地がとても薄く、下のものがすけて見えます。
生地の色を薄いものを選ぶと特にすけやすくなります。

その特性を利用して長襦袢に柄のあるものを選ぶことでそれ自体を楽しむことができますが下着のラインなどが見えてしまう場合が有るということです。

薄単衣を着用する女性は時折それに気が付かずに着用しているということがありますのでかならず姿見などで下着のラインが出ていないか、しっかり確認するようにすると良いでしょう。

商品カテゴリー

  • 振袖
  • 訪問着
  • 成人式振袖
  • 黒留袖
  • 色留袖
  • 卒業袴
  • 浴衣
  • モーニング

ネットで着物を予約する

Mineの着物体験モデル

  • 成人式振袖 「振袖着たよ!」
  • 黒留袖・モーニング 「黒留袖着ました!」

店舗情報

Mine 大宮店

住所
〒330-0841
埼玉県さいたま市大宮区東町
一丁目16番地2
大宮東町第一生命ビル 一階
電話番号
048-783-3556
営業時間
10:00~19:00
定休日:毎週水曜日
Mail
omiya@rental−mine.com

Mine 浦和店

住所
〒330-0056
埼玉県さいたま市浦和区東仲町
1番21 小島ビル2F
電話番号
048-789-6697
営業時間
10:00~19:00
定休日:毎週水曜日
Mail
urawa@rental-mine.com

ページのトップへ戻る